成長企業が考える、グローバルスタンダードの財務戦略

Posted by Akira Uchino, Deputy Director and Marketing Director for NetSuite Japan K.K

今回はネットスイート日本法人の最新顧客事例として、Kii株式会社様の導入事例をご紹介します。
スマートフォンアプリの開発者向けクラウドサービス、Kii Cloudを提供する同社が、財務戦略の強化のためにクラウドERPであるNetSuiteの導入を決めたのは、米国にも拠点を置く同社ならではの、シリコンバレー式システム投資の考え方が背景にありました。

それまで財務会計の数字を把握するのに1か月はかかっていたという同社が、リアルタイムで経営指標を把握し、将来的に上場を見据えた上で必要としていたのは、グローバルで採用できる経営管理システムでした。
検討を進める中で、数あるERPの中でも、多通貨多言語対応などNetSuiteが標準として備える機能の高さ、グローバルガバナンスへの容易な対応、クラウドならではの事業成長に合わせて拡張できるスケーラビリティなど、Kiiがポイントとして考えていた「スピード」「コスト」「フレキシビリティ」のすべてにおいて適合したのはNetSuiteだったと話しています。

また、導入のプロセスにおいて、時間のロスは損失であるという考えのもと、初期稼働時の機能を絞り、標準テンプレートを活用した業務プロセスの組み立てを行ったことで、わずか1か月という短期間での導入を可能にしただけではなく、初期投資を押さえながら、今後の事業成長に即座に対応できる拡張性の高い財務会計システムを展開することに成功しています。

クラウドビジネスを展開する同社だからこそ、クラウドの強みを活かし事業規模に合わせたシステム投資を行うこの方法は、クラウドERPの導入を検討する多くの企業にとって参考となる事例であると考えています。ぜひご一読ください。

Kii株式会社様 導入事例
http://www.netsuite.co.jp/portal/jp/introduction_case/introduction_case_list/31kii.html

ネットスイート日本法人ホームページ
http://www.netsuite.co.jp/portal/jp/index.html

 

comments powered by Disqus